移転しました。

約3秒後に自動的にリダイレクトします。

新しい移転先のHPは以下のURLです。

iOtaku

「本当に良いモノ」をオタクが力説するブログです

【レビュー】最高のコンビ「Blue Microphones Yeticaster Yeti Radius III Compass」レビュー (BM400C)

f:id:incompleteeightbeats:20210415213627j:plain

海外のストリーマーに人気のセットアップです。

 

 

皆さんこんにちは。iOtaku管理人のRyota(@iOtaku_R|Twitter)です。

今回は、Blue Microphonesの人気マイクとマイクスタンドがセットになった「Blue Microphones Yeticaster」のレビューです。

マイクスタンドといえば、ガジェットと云うよりは仕事用の機材という印象が強く、無骨なデザインの物が多い中、本品は非常にデザインがよく、かつ使い勝手にも拘られている製品です。

様々な場がオンラインに移行している今だからこそ、声にはこだわりたい。

実際の使用感を、写真多めでレビューしていきます。

Blue Microphones Yeticaster

f:id:incompleteeightbeats:20210415183003j:plain

・これは何?

 マイクとマイクスタンド

・価格

 26,800円(Amazon

・ここすき

 非常にミニマルなアームデザイン

 USB一本で繋がる手軽さ

 配線を収納できる設計の細やかさ

・うーん

 端子がUSBtypeB

 やや高額

・総評 ⭐⭐⭐⭐

 星4・かなりオススメ 

 

開封の儀

f:id:incompleteeightbeats:20210415183309j:plain

今回は状態の良いものを中古で購入

縦長の大きな箱で届きます。

f:id:incompleteeightbeats:20210415183243j:plain

マイクは自身で取り付けます

マイク部のレビュー

f:id:incompleteeightbeats:20210415183222j:plain

正面から

本体のみの販売も行っており、そちらもUSBマイクとしては定番になっている製品です。

f:id:incompleteeightbeats:20210415183155j:plain

表面にはミュートボタンとヘッドホン用のボリュームが。

マイク本体にミュートがあるのは、オンライン会議中に気軽にマイクをオフにできると云う点でとても便利です。

f:id:incompleteeightbeats:20210415183202j:plain

裏側にはゲインと指向性を変更するスイッチが。

人の声だけでなく、様々な音にも対応するモードが備わっています。

楽器奏者にもうれしい機能。

f:id:incompleteeightbeats:20210415183139j:plain

本体下部にはUSBポートとヘッドホン端子。

ここに直接ヘッドホンを接続して、自分の声をラグなく聞くことができます。もちろんPCの音をここから出力することも可能です。

アーム部のレビュー

f:id:incompleteeightbeats:20210415183034j:plain

無骨でバネ剥き出し、、、といったデザインが多いマイクアームですが、本製品は見た目が非常にミニマルです。部屋にあるだけで良い。

f:id:incompleteeightbeats:20210415183047j:plain

可動部につまみがある

このBlue yetiというマイク(とショックマウント)の重量がそこそこあるため、このマイクアームのバネはそこそこ強めになっています。

なので、お気に入りの位置を見つけて固定したい時、ゆらゆらと動く場合はこのつまみをひねってマイクが動かないように調整してあげます。

f:id:incompleteeightbeats:20210415183053j:plain

アーム上部にはコードを収納する機構が。

この爪のようになっている部分は簡単に「パチっ」と開く仕組みになっています。

 

組み立て

手順は大きく分けて3段階。

  1. アームを机に取り付け
  2. マイクとショックマウントを取り付け
  3. マイクをアームに取り付け

という順序を取ります。簡単です。

アーム部の組み立て

f:id:incompleteeightbeats:20210415183235j:plain

クランプ部とアーム部が分かれているので設置が楽

この中央の穴に、アーム部を差し込みます。

f:id:incompleteeightbeats:20210415183229j:plain

アーム部を差し込む
マイク部の組み立て

続いてマイク部です。

f:id:incompleteeightbeats:20210415183132j:plain

ショックマウント

ショックマウント中央のネジでマイクを固定します。

アーム部と接続

f:id:incompleteeightbeats:20210415183126j:plain

f:id:incompleteeightbeats:20210415183119j:plain

アームとマイクを固定

ここもネジで固定します。

f:id:incompleteeightbeats:20210415183059j:plain

最後にUSBを接続して、配線を整理すればインストール完了です。

使用感

f:id:incompleteeightbeats:20210415183015j:plain

では、ここからは実際の使用感を

マイクアームの恩恵

実際にオンラインでの会議を行う際、マイクの位置を自由に動かせるのは、様々な作業を行う上で自由度が非常に高く、リラックスした姿勢で会話が可能になるのでとても便利です。

イヤホンの制約が無くなり、長時間耳に負担がかかることがないので、耳が痛くなることも無くなりました。

また、ショックマウントが十分な性能を発揮してくれているので、キーボードを打つ衝撃や、コップを机に置く衝撃が相手方に伝わらないので、気兼ねなく作業が可能です。

確実に声が届いている、という安心感

f:id:incompleteeightbeats:20210415183047j:plain

指向性の切り替えやゲインの調整で、小さな声でも確実に声が届きます。

また、大手音響メーカーであるBlueが手がけているだけあり、音質も非常によく、相手方の印象もとても良いと評判も上々。

オンラインでの会話が捗ります。

まとめ

f:id:incompleteeightbeats:20210415182932j:plain

Good

  • 見た目がいい
  • 性能がとてもいい
  • 作業音が入りにくい快適さ
  • マイクミュートが便利
  • 高い音質が担保する安心感

Bad

  • 高い
  • MicroUSB端子

新品で購入するとかなりお値段が張ってします製品ですが、その分のリターンは十分にありました。

スピーカーとコンデンサーマイクで、快適な環境を構築できました。オンライン会議が非常に捗ります。

 

もし不安なことがあったり、「こんな作業がしたいならどっち?」「何処で買えばいいの」といった質問がある方は、僕のTwitterをフォローしていただいて、リプライかDM、質問箱で聞いていただければお答えできますので、どしどし質問してみてください!

↓僕のTwitter

twitter.com

Amazonギフト券の購入チャージのすすめ

Amazonでちょっとでもお得に買い物するなら、Amazonギフト券の購入チャージをおすすめします。

使う分だけチャージして、ポイントをお得に貯めるのがおすすめです!

現金でチャージするたび、チャージ額 x 最大2.5%のポイントがもらえます。

現金チャージポイントキャンペーン

今なら初回チャージで1000ポイント貰えます。

5000円分チャージすれば、初回限定分1000p+ポイント還元50p分で

合計1050ポイント貰えます。

正直クッソお得です。是非試してみてください。

Amazon.co.jp: Amazonチャージ 初回購入限定キャンペーン: ギフト券

【レビュー】M1 Macを2画面に拡張「Belkin デュアルディスプレイドッキングステーション」レビュー(INC002QCBK-A)【PR】

f:id:incompleteeightbeats:20210412173758j:plain

M1Macを、3画面で。

 

 

皆さんこんにちは。iOtaku管理人のRyota(@iOtaku_R|Twitter)です。

今回はベルキンさんのドッキングステーション「Belkin デュアルディスプレイドッキングステーション」のレビューです。

M1 Macには1画面しか出力できないという制約があり、クラムシェル運用されている方にとっては2画面以上で出力出来ないため歯痒い思いをされた方も多いと思います。

そこで、DisplayLinkという機能に公式に対応し、「ディスプレイ出力」に特化したシンプルで安定したドックを提供していただいたので、実際の使用感を含めてレビューを行っていこうと思います。

Belkin デュアルディスプレイドッキングステーション

f:id:incompleteeightbeats:20210412173447j:plain

・これは何?

 ドッキングステーション

・価格

 16,980円(Amazon

・ここすき

 M1Macを2画面出力可能な特徴

 専用電源による高い動作安定性

・うーん

 ポートの種類に欠ける

・総評 ⭐⭐⭐⭐

 星4・結構オススメ 

本記事は、Belkin様に商品を提供していただき執筆しています。

ドッキングステーションに何を求めるのか

f:id:incompleteeightbeats:20210412175224j:plain

 

近年のMacBookに搭載されているUSB-Cポート(Thunderbolt4)は、様々な周辺機器との互換性を持ち、非常に快適な連携を実現してくれています。

僕はデスクにて、ドッキングステーションを持ちいてThunderbolt4ケーブルでモニターやスピーカーなどを全てケーブル一本で接続できるように環境を構築しています。

ですが、長時間作業するに当たってやはり気になるの動作の安定性

小さいハブなどを使用していると発熱がすごいことになったり、映像や音声が途切れることも起きてきます。

そこで据え置き型で、専用の電源などを用いて動作の安定性を確保したドッキングステーションが解決策になってきます。ですがこれがまた数万円クラスの物が多くお値段が張ってしまう。

そんな中で、そこそこのコストパフォーマンスで、かつM1Macで2画面出力にも対応したナイスなドッキングステーションがベルキンさんから発売されました。

開封の儀

f:id:incompleteeightbeats:20210412173348j:plain

シンプルな化粧箱でやってきました。

f:id:incompleteeightbeats:20210412173354j:plain

色はブラックです。

f:id:incompleteeightbeats:20210412173412j:plain

付属のケーブルがたくさん

f:id:incompleteeightbeats:20210412173407j:plain

付属品

真ん中のでかいのがACアダプターです。

f:id:incompleteeightbeats:20210412173418j:plain

日本仕様は手前の一本

世界各国の主要なコンセントの形にあったプラグが付属します。日本仕様のもの以外は基本的に使用しない感じです。

f:id:incompleteeightbeats:20210412173424j:plain

Thunderbolt規格に対応したケーブル

実は、映像を出力しデスクトップを拡張する場合、単なるUSB-CケーブルではなくThunderboltという規格にも対応したケーブルが必要です。

このケーブル、案外高価なので付属してくれているのは非常にありがたい。

外見レビュー

前面ポート

f:id:incompleteeightbeats:20210412173430j:plain

アクセスの多い前面には、左からイヤホンジャック、USBポート、MacBookと接続するポート、そして一番右には電源ランプがあります。

イヤホンジャックがあるのは便利です。ただSDスロットがないのは残念。

背面ポート

f:id:incompleteeightbeats:20210412173436j:plain

裏面には左から電源ボタン、電源ジャック、ギガビット対応のイーサネットアダプタ、USBポート(USB 3.0 Gen1 x 2 (5Gbps))とHDMIポートが二つずつ。

HDMIポートが二つなのは珍しい光景です。

また電源ボタンがあるといのは結構便利で、USBで接続している周辺機器の電源を落とせる為いちいち抜き差ししなくて良い、という事実には実際に使用してみないとわからない便利さがあります。

f:id:incompleteeightbeats:20210412173455j:plain

専用ソフトのダウンロード

f:id:incompleteeightbeats:20210414204707p:plain

このドッキングステーションは、PCの接続前に「DisplayLink」というソフトウェアをダウンロードする必要があります。

「先に」ダウンロードしなければドッキングステーションが使用できないので注意が必要です。

また、特にソフト側の設定は必要ありません。ドライバーのような感じ。

実際の使用感 

f:id:incompleteeightbeats:20210412190300j:plain

この写真のThunderboltケーブルは自前のものを使用

まず感じたのは、全く画面や音声が途切れない安定性でした。

2画面に出力しても全く問題なし。映像や音声が途切れれることは一度もなく、ノイズレスで快適な作業ができました。

また発熱等も問題なし。プラスチックの筐体なので放熱性能に関しては心配でしたが、そもそもあまり熱くならない様子です。

f:id:incompleteeightbeats:20210415122601p:plain

Mac本体のシステムレポート

電源周りの性能も十分。85wまでの出力に対応しているので、MacBook Proを最大出力で充電しつつ、周辺機器にも十分な電力を供給できるだけのキャパがあります。

気になった点

f:id:incompleteeightbeats:20210412190306j:plain

ここからは、実際に使用してみて気づいた点を少し。

ディスプレイ一枚使用であれば4K出力に対応

HDMIポートの規格が「HDMI1.4」というバージョンなので、

  • 3840×2160 = 24 Hz, 25 Hz, 30 Hz
  • 4096×2160 = 24 Hz

と、高い解像度のモニターにも出力が可能です。

但し、2枚モニターを接続するとFHDまで解像度が落ちますので注意です。

USBポートの速度は必要十分

f:id:incompleteeightbeats:20210412173436j:plain

USB-A 3.1 Gen1規格

USB-A 3.1 Gen1規格のポートです。大量のデータをSSDで管理されている方にとっては少し物足りないかもしれませんが、一般的な使用には必要十分な速度が確保されています。

VESA規格対応ですっきりデスクにも

f:id:incompleteeightbeats:20210415124908j:plain

側面、裏面にネジ穴がある

VESA規格に対応したネジ穴が裏面、側面にあるので、モニター裏にくっつけて使用することが可能。
配線をモニター裏に隠してしまうことですっきりデスクの構築も可能です。

 

まとめ

f:id:incompleteeightbeats:20210412173447j:plain

ハブと考えると高価ですが、ドッキングステーションの相場を考えるとコスパの高い分類に含まれる価格設定です。

何より2画面出力ができる数少ないドッキングステーションなので、その希少性はM1Macユーザーにとっては嬉しいポイントではないでしょうか。

もし不安なことがあったり、「こんな作業がしたいならどっち?」「何処で買えばいいの」といった質問がある方は、僕のTwitterをフォローしていただいて、リプライかDM、質問箱で聞いていただければお答えできますので、どしどし質問してみてください!

↓僕のTwitter

twitter.com

Amazonギフト券の購入チャージのすすめ

Amazonでちょっとでもお得に買い物するなら、Amazonギフト券の購入チャージをおすすめします。

使う分だけチャージして、ポイントをお得に貯めるのがおすすめです!

現金でチャージするたび、チャージ額 x 最大2.5%のポイントがもらえます。

現金チャージポイントキャンペーン

今なら初回チャージで1000ポイント貰えます。

5000円分チャージすれば、初回限定分1000p+ポイント還元50p分で

合計1050ポイント貰えます。

正直クッソお得です。是非試してみてください。

Amazon.co.jp: Amazonチャージ 初回購入限定キャンペーン: ギフト券

【レビュー】質感とコスパの折衷作「MIWAX The Desk Mat」レビュー。

f:id:incompleteeightbeats:20210401144056j:plain

気兼ねなく使えて、質感の良いものを。

 

 

皆さんこんにちは。iOtaku管理人のRyota(@iOtaku_R|Twitter)です。

先日から、物撮りにも使えるようなナイスなデスクマットを検討していました。

作業スペースで使用するので、気兼ねなく使えるコスパで、なおかつ写真撮影にも耐えうる質感を持ったデスクマットを発見したので、実際に使用レビューです。

MIWAX(ミワックス) The Desk Mat

f:id:incompleteeightbeats:20210401144149j:plain

・これは何?

 デスクマット

・価格

 2,200円(Amazon

・ここすき

 日本製の安心感

 良い質感とほどよいコスパ

・うーん

 マウスの滑りが若干重くなる

・総評 ⭐⭐⭐⭐🌟

 星5・かなりオススメ 

ちょうどいいデスクマットを探す

f:id:incompleteeightbeats:20210401144207j:plain

僕は今、flexispotさんの天板を使用しています。

強度も高く、満足しているのですが、表面が天然木ではなく表面がツルツルしている質感が気になっていました。

また、全体的に明るく暖色寄りの色味のデスク周りなので、物撮り写真の変化も欲しい。

ですが本革や上質なコットン素材のデスクマットをみているとお値段が高い。

あくまで作業スペースに敷くものなので、コスパの良さにはこだわりたい

そこで「写真撮影にも耐える質感を持っていて、かつちょうどいい値段のデスクマット」を探していました。

アマゾンには所謂中華製のお安いデスクマットが多かったのですが、質感に満足できそうなものがなかなか見つかりませんでしたが、今回のミワックスさんのデスクマットが良い感じだったので、使用感も添えながらご紹介しようと思います。

f:id:incompleteeightbeats:20210401144149j:plain

事務的でなく、おしゃれなパッケージでした

今回選んだ色はシガールブラック(カモメブラック)という色。

f:id:incompleteeightbeats:20210404223254j:plain

全12種類。純粋なブラックもある。

付属品には、四隅に配置してズレを抑える粘着テープが付いてきました。

f:id:incompleteeightbeats:20210401144155j:plain

自己吸着で跡が残らず、水で洗えば復活するタイプ

チープさのない、自然な質感

f:id:incompleteeightbeats:20210401144131j:plain

 この「純粋な単色」でもなければ「ありがちな合皮模様」でもない、ナチュラルなデザインがとてもいいです。

f:id:incompleteeightbeats:20210401144108j:plain

黒でもグレーでもない。だから黒とグレーが映える

僕は黒だったりグレーだったり、モノトーンな色のガジェットが好きなのですが、そのどちらにも属さない絶妙な色合いで、それだけ物撮りの背景にしても「ガジェットと背景の境界線が潰れる」事故も少なそうで気に入っています。

f:id:incompleteeightbeats:20210401144119j:plain

MacBookのお供を並べる

実はこのマット、メイドインジャパンだそう。

中華製品に一切の躊躇も偏見もないガジェオタですが、質が高くて値段が安いプロダクトを消費者に届けてくれる日本企業をみると勝手に嬉しくなります。

f:id:incompleteeightbeats:20210401144049j:plain

小さいガジェットにクローズアップしても違和感なし

気になった点

ここからは、実際に使用していて感じたことを。

f:id:incompleteeightbeats:20210401144102j:plain

マウスの滑りが少し鈍る 

表面が所謂「サラサラとしたゴム」のような素材感で、重いマウスなどは、木の表面に比べて少し鈍るようになります。

マウスの滑りを気にされる方はマウスパッドか、マット外での使用が良いかもしれません。

ちなみに僕は全然許容範囲内だと感じていて、マット上でガシガシ使用しています。

サイズ感

f:id:incompleteeightbeats:20210401144201j:plain

1400×700と少し大きめの天板に敷いています

620mm×300mmの大きさは大体キーボードとマウス、たまにマグカップを端におけるくらいの大きさです。

もっと大きいのが良い!という方は大きさをオーダーするのも良いかもしれません。

筆記感は柔らかめ

f:id:incompleteeightbeats:20210401144213j:plain

メモはRHODIAのA5版派

ボールペン、シャーペン、万年筆でそれぞれ試してみました。

ロディアのメモ用紙1枚を置いての筆記感は、結構柔らかめの印象。

ペン先が走らず、ちょうど良い塩梅に沈むので僕はとても好感触でした。

ですが「下敷き派」「筆圧が強い」方にとっては少し書きにくいかもしれません。

まとめ

f:id:incompleteeightbeats:20210401144043j:plain

Good

  • 見た目がいい
  • 色合いがいい
  • コスパがちょうどいい
  • MADE IN JAPAN

Bad

  • マウスの滑りはやや落ちる

2,000円台のデスクマットはたくさんの種類がありますが、高級感と気軽さを同時に求めるとなかなか選択肢は狭まります。

ちょうどいい塩梅で両者を折衷しているミワックスさんのこのデスクマット、欲張りな方にとてもおすすめです。

もし不安なことがあったり、「こんな作業がしたいならどっち?」「何処で買えばいいの」といった質問がある方は、僕のTwitterをフォローしていただいて、リプライかDM、質問箱で聞いていただければお答えできますので、どしどし質問してみてください!

↓僕のTwitter

twitter.com

Amazonギフト券の購入チャージのすすめ

Amazonでちょっとでもお得に買い物するなら、Amazonギフト券の購入チャージをおすすめします。

使う分だけチャージして、ポイントをお得に貯めるのがおすすめです!

現金でチャージするたび、チャージ額 x 最大2.5%のポイントがもらえます。

現金チャージポイントキャンペーン

今なら初回チャージで1000ポイント貰えます。

5000円分チャージすれば、初回限定分1000p+ポイント還元50p分で

合計1050ポイント貰えます。

正直クッソお得です。是非試してみてください。

Amazon.co.jp: Amazonチャージ 初回購入限定キャンペーン: ギフト券

【レビュー】値段には理由がある「Logicool MX ANYWHERE 2S」レビュー(MX1600SGR)

f:id:incompleteeightbeats:20210327115757j:plain

課金する価値、ありました。

 

 

 

皆さんこんにちは。iOtaku管理人のRyota(@iOtaku_R|Twitter)です。

僕はこれまで、高校生の時に買った1,000円台のナイスなマウス「エレコム 握りの極み」というマウスをかれこれ5年ほど使用していました。

高級で便利なマウスがあることも知ってはいましたが、コスパが良く、思いのほか便利で乗り換える必要性を全く感じていませんでした。

ですが、いざ乗り換えてみると高いマウスには「高いぶんの理由」がちゃんとあり、課金した分作業の効率も上がりました。

以下、しばらく使用してみてのレビューです。

Logicool MX ANYWHERE 2S

f:id:incompleteeightbeats:20210327115735j:plain
・これは何?

 ワイヤレスマウス

・価格

 5,473円(Amazon・2021/02/01現在)

・ここすき

 マウスホイールの利便性

 溢れる高級感

 3つの機器を瞬時に切り替えられる便利さ

・うーん

 サイドボタンが小さい

・総評 ⭐⭐⭐⭐🌟

 星5・かなりオススメ

開封の儀

f:id:incompleteeightbeats:20210327115730j:plain

実は現在、新しいモデルである「MX ANYWHERE 3」が発売されているのですが、僕個人的に旧モデルであるこちらの方がデザインがかっこいいと感じたので、あえてこちらのモデルにしました。

付属品

f:id:incompleteeightbeats:20210327115720j:plain

付属品はシンプル。

このマウスはBluetoothでも接続可能ですが、Logicoolの独自規格「Unifyingレシーバー」での無線接続も可能。

限りなく遅延ゼロでの接続も可能です。(僕はBluetooth派。外でも使うから。)

外観レビュー

f:id:incompleteeightbeats:20210327115710j:plain
かっこいい。

f:id:incompleteeightbeats:20210327115659j:plain

裏面です

初期設定などが記載されたシールが貼られていました。

取説読まない派の人にも親切です。

f:id:incompleteeightbeats:20210327115705j:plain
グラファイトカラーが高級感を醸し出してます。

光の加減で見えるグラデーションが良い感じ。

f:id:incompleteeightbeats:20210327115654j:plain

充電ポートは前面の下部に

このサイドのダイヤモンドカット風のデザインが最高です。

これに憧れて旧モデルにしました。結果は大正解です。

しかし残念ながらポートはMicroUSB。Type-C派の過激派の方は新モデルにした方が無難かもしれません。(新モデルはUSB-Cポート)

実際の使用感

専用ソフトのダウンロード

f:id:incompleteeightbeats:20210327115747j:plain

実際の使用感の前に、Logicool Optionsというアプリのご紹介を。

このアプリから、MX ANYWHERE 2Sに搭載されているボタンのカスタマイズが可能。

f:id:incompleteeightbeats:20210327115752j:plain

動作も安定していて、設定がすぐ反映されます。

f:id:incompleteeightbeats:20210327115740j:plain

かなり細かく設定可能

使用するソフトごとに設定を細かく変更できるのはありがたい。

トラックパッドよりマウス派寄りの僕は、デスクトップ切り替えなどを割り当てているので、めちゃくちゃ作業が捗ります。

しばらく使用してみて

数週間使ってみての使用レビューです。

f:id:incompleteeightbeats:20210327115644j:plain

ホイール下のボタンもカスタム可能

滑り心地が違う

初めて持った時に感じたのは、 「ちょっと重いな」という抵抗感でした。

今まで使用していたマウスと比較しても、ANYWHERE 2Sの重量は大差ありません。

机との摩擦係数が他のマウスと比較して少し高いようです。

ですが、少し使い込んでみると、これがとても使い心地がいい。

狙ったところにピタッと止まる安定感」と「しっとりと動く上品さ」がありました。

これが狙って設計されたものなのであれば脱帽です。

ボタンカスタムが想像以上に便利

いままでショートカットキーを使用していたのですが、

マウスから手を離す→キー二個同時押し

の2ステップが省略されただけでもとても快適になりました。

戻れなくなりそう。怖い。

サイドボタンは押しにくい

f:id:incompleteeightbeats:20210327115705j:plain
そもそものマウス自体のサイズが小さいので、サイドボタンも小さめ。

もちろん慣れると押し心地も含めて問題ありませんが、大きめのマウスを使用されていた方(僕とか)にとってはここは残念なポイントです。

端末間の切り替えは非常にスムーズ

f:id:incompleteeightbeats:20210327115802j:plain

iPadでも使用。とても便利。

このマウスは3台までペアリング登録が可能で、裏面のスイッチで切り替えが可能。

僕はiPad Air4でもマウスを使う派なのですが、切り替え後の接続もスムーズです。

これにプラスでメイン機のiMacもたまーに使用するので、3台まで登録できるのはとても助かります。

まとめ

f:id:incompleteeightbeats:20210327115654j:plain

Good

  • 見た目がいい
  • 滑りの抵抗感が心地いい
  • 複数台での使用がとても便利
  • キーカスタムで作業の効率が上がる

Bad

  • 少し重く感じる
  • サイドボタンが押しにくい
  • MicroUSB端子

毎日触るものだからこそ、こだわった分良いことがありました。

ショートカットをマウスで使える便利さは他には変え難いものがあります。

あと見た目。デスクにあるだけで気分が上がるガジェットはいいですね。

もし不安なことがあったり、「こんな作業がしたいならどっち?」「何処で買えばいいの」といった質問がある方は、僕のTwitterをフォローしていただいて、リプライかDM、質問箱で聞いていただければお答えできますので、どしどし質問してみてください!

↓僕のTwitter

twitter.com

Amazonギフト券の購入チャージのすすめ

Amazonでちょっとでもお得に買い物するなら、Amazonギフト券の購入チャージをおすすめします。

使う分だけチャージして、ポイントをお得に貯めるのがおすすめです!

現金でチャージするたび、チャージ額 x 最大2.5%のポイントがもらえます。

現金チャージポイントキャンペーン

今なら初回チャージで1000ポイント貰えます。

5000円分チャージすれば、初回限定分1000p+ポイント還元50p分で

合計1050ポイント貰えます。

正直クッソお得です。是非試してみてください。

Amazon.co.jp: Amazonチャージ 初回購入限定キャンペーン: ギフト券

【MIXAMPを同時接続】PS4とSwitch(PC)を2台同時にASTRO MIXAMPに接続する方法

f:id:incompleteeightbeats:20210319150623j:plain

ごちゃごちゃした配線とはおさらば。

 

 

皆さんこんにちは。iOtaku管理人のRyota(@iOtaku_R|Twitter)です。

今回は、ASTRO MIXAMPとPS4、Switch及びPCを同時に接続し、瞬時に切り替え、性能をフルに引き出す方法についての解説です。

その音質、定位の高い性能だけでなく、スマホなどで通話を同時にできる機能性の高さを各ゲーム機で十全に引き出す為の方法をご紹介します。

もう何度もケーブルを繋ぎ直す必要はありません。

必要な機材

UGREEN 4-Port USB Swich Box

f:id:incompleteeightbeats:20210319172127j:plain

USBハブ型の切り替え機です

これが必要になります。

元々は同じキーボードやマウスを2台のPCで操作するための便利機材ですね。

今回はこれを挟んでPS4とNINTENDO Swichを接続します。

接続方法

f:id:incompleteeightbeats:20210319172210j:plain

付属品

この機材には、二本のUSBケーブルが付属します。

この2本をそれぞれPS4とSwitchに接続します。

f:id:incompleteeightbeats:20210319173040j:plain

こんな感じ

これで接続は完了です。

なお、MIXAMPとハブとの接続には、MIXAMPに付属しているケーブルを使用します。

使い方

手順は主に2ステップに分かれます。

1・切り替えスイッチで使いたいゲーム機を選択

f:id:incompleteeightbeats:20210319173744j:plain

ハブの使い方はシンプルです。

切り替えスイッチを押して、使いたいゲーム機を選択するだけ。

上の図の場合、①のポートにSwitch、②のポートにPS4が接続されているので、それに応じた切り替えを行います。

なお、接続中の機械を示すLEDがハブ中央にあるので、その光を参考にしてください。

2・MIXAMPの設定の切り替え

f:id:incompleteeightbeats:20210319174922j:plain

背面

MIXAMP側の設定を切り替えます。

PS4の場合は「PS4に、SwitchやPCの場合は「PC」に切り替えて使用してください。

これで全ての準備は完了です。

留意点

f:id:incompleteeightbeats:20210219150700j:plain

しばらくこの方法で使用してみました。

  • 特にノイズや性能低下は無し
  • 動作も安定している
  • スマホでの通話も問題なし
  • 電源は常時オンになる(Switchドックから常時給電されている)

毎回ケーブルを差し替えていた僕にとって、端子の故障の心配のない、便利で楽なシステムを構築できて満足です。

ただし、本来想定されている使用法でないということ、またケーブルを直接抜かない限り電源が常時オンの状態になります。あくまで自己責任でのご使用であることを留意してください。

 

 

 

 

もし不安なことがあったり、「こんな作業がしたいならどっち?」「何処で買えばいいの」といった質問がある方は、僕のTwitterをフォローしていただいて、リプライかDM、質問箱で聞いていただければお答えできますので、どしどし質問してみてください!

↓僕のTwitter

twitter.com

Amazonギフト券の購入チャージのすすめ

Amazonでちょっとでもお得に買い物するなら、Amazonギフト券の購入チャージをおすすめします。

使う分だけチャージして、ポイントをお得に貯めるのがおすすめです!

現金でチャージするたび、チャージ額 x 最大2.5%のポイントがもらえます。

現金チャージポイントキャンペーン

今なら初回チャージで1000ポイント貰えます。

5000円分チャージすれば、初回限定分1000p+ポイント還元50p分で

合計1050ポイント貰えます。

正直クッソお得です。是非試してみてください。

Amazon.co.jp: Amazonチャージ 初回購入限定キャンペーン: ギフト券

【レビュー】宙に浮くケース「MOFT float」レビュー。iPad Air4に最適なケースです。

f:id:incompleteeightbeats:20210317195923j:plain

体勢の自由度がグッと上がります。

 

 

 

 

皆さんこんにちは。iOtaku管理人のRyota(@iOtaku_R|Twitter)です。

昨年にkickstarterという海外のクラウドファンディングで支援していた、新しいiPadケース「MOFT float」です。

ついに僕の手元にも届いたので、レビューしていこうと思います。

名前の通りiPadが「浮く」ケースですが、「浮く」以上のメリットがありました。

iPadの身軽さと利便性をより加速させてくれる、とてもいいケースです。

MOFT float (iPad Air4 Edition)

f:id:incompleteeightbeats:20210317195900j:plain
 ・これは何?

 iPad用ケース

・価格

 $39.00(プレッジ時)

・ここすき

 4つの立て方で広がる利便性

 良い質感と完成度

・うーん

 スタンドが少し硬い

 USB-Cポートが少し埋没する

・総評 ⭐⭐⭐⭐🌟

 星5・かなりオススメ 

2021/03/18現在、Makuakeで支援募集中です!

www.makuake.com

開封の儀

f:id:incompleteeightbeats:20210317195643j:plain

海外配送特有の箱の潰れはご愛嬌ということで。

はるばる中国から海を渡って来てくれました。

f:id:incompleteeightbeats:20210317235158j:plain

包装は簡素です

いざ開封

意外と重みがあります。

f:id:incompleteeightbeats:20210317195610j:plain

4ヶ月待った待望の本命ケースです。

f:id:incompleteeightbeats:20210317195713j:plain

見た目はスタンドとなる部分が大きくある以外は特に装飾はなし。

意外とシンプルです。

TPU素材で、とてもサラサラした手触りでした。

f:id:incompleteeightbeats:20210317195729j:plain

マイクロファイバー素材。さらさらしています。

iPadと接する裏面にはサラサラとした触り心地になっています。

小さく「Designed By MOFT」の印字が。

いざ装着

f:id:incompleteeightbeats:20210318001145j:plain

サイズはぴったりでした。

ですが、結構硬めだったので装着にはコツが要ります。

おすすめはiPad上部から先に入れる順序です。

f:id:incompleteeightbeats:20210318001156j:plain

上部分。電源ボタンもピッタリ

クオリティは上々です。
ただ電源ボタンが少し埋没するので、指紋認証が若干やりにくいかも。

f:id:incompleteeightbeats:20210318005230j:plain

下部分

USB-Cポート部も若干埋没します。

純正のUSB-Cケーブルは使用できますが、手持ちのThunderbolt3のケーブルがギリギリ使用できませんでした。

USBハブの使用も怪しそうですね。これは少し残念。

f:id:incompleteeightbeats:20210317160720j:plain

額縁周りは細身にできているので、分厚いイメージは無し。

スマートな印象です。保護フィルムにも干渉しませんでした。

また、画面よりも縁が若干高いので、画面に机が当たらないようになっています。

細やかな配慮が光るナイスデザイン。

実際に立たせてみる

f:id:incompleteeightbeats:20210318001833j:plain

結構硬めです

では、実際に立たせていきます。

f:id:incompleteeightbeats:20210317195900j:plain

立った!iPadが立った!

こりゃすごい。

f:id:incompleteeightbeats:20210317195932j:plain

裏面。ロゴがおしゃれ

強度が心配でしたが、タッチ操作を行ってもあまり揺れず快適です。

地面と接地する部分はケースと同じTPU素材ですが、このスタンドになる中から出てくる部分はアルミニウム合金でできています。

 剛性もしっかりしています。

f:id:incompleteeightbeats:20210317195915j:plain

なお、転倒防止の為に専用のバーが格納されています。

タッチ操作がメインの作業であっても安定感が上がるので、安心です。

f:id:incompleteeightbeats:20210318002530j:plain

格納部分がある

MacBookと並べた時の高さ

f:id:incompleteeightbeats:20210318004937j:plain

結構高いのがわかる

MacBook Airと比較しています。

結構たかく上がりますね。

f:id:incompleteeightbeats:20210318004905j:plain

高さ調整は安易

MaciPadの組み合わせで欠かせないのが「Sidecar」機能です。

実際に並べると、角度や高さが微調整できるので、あたかも専用モバイル外部ディスプレイになったような、スマートなセットアップになります。

これは結構かっこいい。

4(+1)つの変形パターン

f:id:incompleteeightbeats:20210318203153j:plain

「float」の名の通りこの浮いたように高さが確保できるのが売りのこのケースですが、他にも4つの変形パターンを残しています。

これ、おまけ程度に感じていましたが、かなり便利でした。(英字は公式の呼び方)

通常モード(Foldable Mode)

f:id:incompleteeightbeats:20210317195830j:plain

機能の割りに薄型です。

持ちやすく、可搬性に優れています。

スタンドモード(Floating Mode)

f:id:incompleteeightbeats:20210317195900j:plain

立ちます。

本格的なライティングなどの作業にピッタリ。

横置きモード(Stable Mode)

f:id:incompleteeightbeats:20210317195947j:plain

2枚ある可動域のうち、一枚だけ使用する。

動画視聴などに最適なモードです。

YouTubeが捗る。

ちなみに角度はかなり自由が利くので、最大限まで開くとApple Pencilでお絵かきやノート執筆、タッチ操作に向いているモードになります。これは便利。

f:id:incompleteeightbeats:20210318005048j:plain

お絵書きに最適

縦置きモード(Portrait Mode)

f:id:incompleteeightbeats:20210318005101j:plain

縦で使うシーンは案外多い

そしてこれ、縦置きモード。

世の中には横置きのスタンドに変形するものは多くありますが、縦置きにも対応しているものはほとんどありません。

これが意外とかなり便利。

LINEやTwitter、ブログ執筆にTikTokなど、縦に画面を広く使うことで快適に使用できる(そもそも縦での使用が前提)アプリはとても多いので、つい縦置きで使用してしまいます。

まとめ

f:id:incompleteeightbeats:20210318004951j:plain

ぼくの考えた最強のiPad周り

iPadの魅力は、何よりその身軽さにあると思います。

薄くてハイパワー。ミニマルで高性能。

どこへでも気軽に持ち出せて様々な作業がこなせる。

そんなiPadの魅力を、4つの変形パターンがより強固なものにしてくれます。

これさえあれば、もうスタンドは要りません。

2021/03/18現在、Makuakeで支援募集中です!

www.makuake.com

 

 

もし不安なことがあったり、「こんな作業がしたいならどっち?」「何処で買えばいいの」といった質問がある方は、僕のTwitterをフォローしていただいて、リプライかDM、質問箱で聞いていただければお答えできますので、どしどし質問してみてください!

↓僕のTwitter

twitter.com

Amazonギフト券の購入チャージのすすめ

Amazonでちょっとでもお得に買い物するなら、Amazonギフト券の購入チャージをおすすめします。

使う分だけチャージして、ポイントをお得に貯めるのがおすすめです!

現金でチャージするたび、チャージ額 x 最大2.5%のポイントがもらえます。

現金チャージポイントキャンペーン

今なら初回チャージで1000ポイント貰えます。

5000円分チャージすれば、初回限定分1000p+ポイント還元50p分で

合計1050ポイント貰えます。

正直クッソお得です。是非試してみてください。

Amazon.co.jp: Amazonチャージ 初回購入限定キャンペーン: ギフト券

【レビュー】次世代のスタンダード機「TP-Link Archer AX50」Wi-Fiルーター使用レビュー

f:id:incompleteeightbeats:20210318210016j:plain

次世代のスタンダート機です。

 

 

皆さんこんにちは。iOtaku管理人のRyota(@iOtaku_R|Twitter)です。

 今回は、TP-LinkのWi-Fiルーターである「AX50」のレビューです。

先日からメインで使用していたWi-Fiルーターの調子が悪くなってきたため、本ルーターに乗り換えました。

前回の記事でTP-Linkさんから提供いただいた製品の質がとても良かったため、今回は自腹で上位機種に当たるこの製品を購入しました。

実際の使用感も含めて、紹介レビューです。

TP-Link Archer AX50

f:id:incompleteeightbeats:20210310141624j:plain
 ・これは何?

 Wi-Fiルータ

・価格

  11,880円(Amazon.co.jp・2021/03/10時点)

・ここすき

 高いコストパフォーマンス

 とてもかんたんな初期設定

・うーん

 高級感は控えめ

・総評 ⭐⭐⭐⭐🌟

 星5・かなりオススメ

開封の儀

f:id:incompleteeightbeats:20210310173205j:plain

それでは実際に開封していきます。

f:id:incompleteeightbeats:20210310141411j:plain

シンプルな包装

最低限といったところ。

f:id:incompleteeightbeats:20210310141428j:plain

内容物

内容物もシンプル。

本体、LANケーブル、電源アダプターと取説類です。

ちなみに付属していたLANケーブルはカテゴリー5e(cat5e)のケーブルでした。

f:id:incompleteeightbeats:20210310141445j:plain

本体の包装は丁寧

傷がつかないように丁寧な包装がなされていました。

外観レビュー

正面

f:id:incompleteeightbeats:20210310141530j:plain

なかなかかっこいい

プラスチッキーな筐体ではありますが、なかなかデザインには凝っています。

f:id:incompleteeightbeats:20210310141624j:plain

鏡面仕上げになっている部分がかっこいい。

インシゲーター部

f:id:incompleteeightbeats:20210310141500j:plain

シンプルに配置されています。

動作状況を示すインシゲーター部。

必要最低限の情報をLEDで示してくれます。これは特筆すべき点もなさそう。

f:id:incompleteeightbeats:20210310141515j:plain

インテル入ってる

また、本製品にはインテルのチップが搭載されています。

動作の安定性はインターネットの安定性に直結するので、安心です。

背面ポート部

f:id:incompleteeightbeats:20210310141547j:plain

背面ポート

1GbpsのWANポートと1GbpsのLANポートが4つ。

右側のUSB端子は簡易NASに使用できるポートです。

裏面

f:id:incompleteeightbeats:20210310141606j:plain

情報保護のため取説を乗せています

裏面は表同様「X」の意匠が。

放熱性も良さそうです。左右の穴は壁掛け用ですね。

実際の使用感

f:id:incompleteeightbeats:20210206161026p:plain

TP-Link社のWi-Fiルーターは、アプリの作り込みが他社を圧倒していて、非常にサクサクと動くUIで簡単に初期設定や動作設定が可能です。

実際に初期設定を行いましたが、ほとんど自動で設定してくれ、すぐにセットアップが終わりとても快適でした。

実測値レビュー

では、実際に速度を測りながらレビューしていきます。

尚、計測にはFast.comを利用しました。

環境は戸建ての光回線IPV4・PPPoE接続・1Gbps)で、

計測環境はMacBook Air(2021・M1)で、Wi-Fi6(802.11ax)での接続です。

 

f:id:incompleteeightbeats:20210318135707p:plain

必要十分な速度が出ています

平日昼間に5回ほど計測し、誤差は±10Mbps程度でした。

なお、ルーター付近、2階での複数の場所でも同じ程度の通信速度が出ていたので、とても快適です。

まとめ

f:id:incompleteeightbeats:20210310141624j:plain

FPSのゲームや動画のストリーミング再生など、複数人が同時に通信速度と容量を求めていても、安定したネット環境を提供してくれました。

性能こそハイスペックではありませんが、必要十分の性能に、良心的なコストパフォーマンスでとてもおすすめです。

もし不安なことがあったり、「こんな作業がしたいならどっち?」「何処で買えばいいの」といった質問がある方は、僕のTwitterをフォローしていただいて、リプライかDM、質問箱で聞いていただければお答えできますので、どしどし質問してみてください!

↓僕のTwitter

twitter.com

Amazonギフト券の購入チャージのすすめ

Amazonでちょっとでもお得に買い物するなら、Amazonギフト券の購入チャージをおすすめします。

使う分だけチャージして、ポイントをお得に貯めるのがおすすめです!

現金でチャージするたび、チャージ額 x 最大2.5%のポイントがもらえます。

現金チャージポイントキャンペーン

今なら初回チャージで1000ポイント貰えます。

5000円分チャージすれば、初回限定分1000p+ポイント還元50p分で

合計1050ポイント貰えます。

正直クッソお得です。是非試してみてください。

Amazon.co.jp: Amazonチャージ 初回購入限定キャンペーン: ギフト券

【厳選/APEX対応】SwitchにおすすめのSDカード3選。純正は買うべき?ここから選べば失敗しません。

f:id:incompleteeightbeats:20210308235148j:plain

皆さんこんにちは。iOtaku管理人のRyota(@iOtaku_R|Twitter)です。

今回は「SwitchにおすすめのSDカード」を厳選し、これを選んでおけば間違いない

おすすめの製品を紹介していこうと思います。

また、3月10日からサービス開始となる「APEX Legends」にもおすすめのSDもご紹介します! 

様々な規格やスペックが乱立する中で、「どの程度のSDカードを選べば良いのか」について徹底解説。

快適にプレイできる環境を分かりやすく解説していこうと思います。

【結論】とにかくすぐ欲しい人向け

  本記事で紹介するオススメの容量・スペックのSDカードはこれです!

 Switchに必要なSDのスペック

f:id:incompleteeightbeats:20210308202956p:plain

任天堂HPより

任天堂のホームページには、どのレベルのスペックのSDが必要かが記載されています。

これによると、

  • UHS-Ⅰ対応
  • 読み込み速度60〜90MB/秒

上記の性能を満たすSDカードを推奨しています。

つまり、このスペックを満たすSDカードであれば、快適にプレイが可能になります。

任天堂公認のSDカードもあるが、、、

f:id:incompleteeightbeats:20210308204042j:plain

実はHORIという日本のメーカーから、任天堂のライセンス商品として、「Switch用のSDカード」なるものが販売されています。

任天堂のライセンス商品として、快適にプレイできることは確実ですが、

非常に高額です。

また、SDカードとして他社製品とも違う点も特にありません。

両社の動作保証があるくらい。

ですので、「任天堂おすすめのスペックで、信頼できるSDカードメーカーの製品を選ぶ」のがおすすめです。

おすすめの容量

f:id:incompleteeightbeats:20210308233925p:plain

結論から申し上げると、128GBが一番おすすめです。

他にも容量はありますが、現在一番コスパがいいのは128GBであると思います。

(32GBの2倍の値段で、4倍の容量が使用できるというのが理由。)

また、技術の進化により値段も昔と比べ下がってきていることも踏まえると、余裕のある容量を買っておくと今後買い換える必要がないので、とてもオススメです。

筆者は最初に32GBを購入して、後から買い替えています。)

Apexをプレイするには30GBの容量が必要

f:id:incompleteeightbeats:20210308234308j:plain

参考 ・エーペックスレジェンズ ダウンロード版 | My Nintendo Store

任天堂によると、Switch版APEXをプレイするには「最低で20GB、アップデートを考慮して30GB」の容量が必要としています。

毎シーズンごとに大きなアップデートが入るAPEXですので、他のソフトとの兼ね合いも考えて64GB以上の容量、できれば128GBの容量があった方が安心です。

容量ギリギリですと、スクリーンショットやクリップを残せないこともあるので、容量には余裕があった方がいいですね。

実際におすすめのSDカード

では、上記の条件を元に、SwitchにおすすめのSDカードを3つご紹介します!

SanDisk Ultra SDSQUA4-128G

信頼性の高いSanDiskのSDカードです。

性能もさることながら、品質に対するコストパフォーマンスが非常に高く、とてもオススメです! 

また、SanDiskが複数展開するシリーズの中でも、Switchの求めるスペックを十分に発揮できる程度のスペックなので、SwitchにちょうどいいSDカードになっています。

メーカーによる動作確認もちゃんとあるので安心ですね。

Samsung EVO Plus MB-MC128GA

サムスンのSDです。

先述のサンディスクのSDと何が違うのかというと、メーカー10年保証が最初からついてくる点です。

それだけメーカーとしても品質に自信があるということでしょう。

長い間ずっと使用されたいという方にはオススメです。

また、こちらもメーカーによる動作確認があります。

SanDisk Extreme SDSQXA1-128G

これは筆者が実際に使用しているSDカードです。

今回ご紹介するSDカードの中でも一番いいSDカードです。

上記2つと何が違うのかというと、スペックが高く、カメラなどでも使用可能であるということ。

Switchで使わなくなってしまっても、アクションカメラやミラーレス一眼での使用が可能なので、転用を効かせることが可能です。

ただし、お値段が上の2つと比較して少し高いです。

3つの中からどれを選べばいいの?

f:id:incompleteeightbeats:20210308232017j:plain

これまで3つのSDカードをご紹介しましたが、どれを選ぶか迷ってしまう!という方に向けて一覧でまとめましたので、こちらを参考にしてみてください。

とにかくSwitchで使えるものが欲しい

→①のSanDisk Ultra SDSQUA4-128Gがおすすめ!

メーカーの保証が手厚い物がいい

→②のSamsung EVO Plus MB-MC128GAがおすすめ!

Switch以外の機器でもSDを使いたい/使うかも

→③のSanDisk Extreme SDSQXA1-128Gがおすすめ!

 

以上、SwitchにおすすめのSDカードの紹介でした。

もし不安なことがあったり、「こんな作業がしたいならどっち?」「何処で買えばいいの」といった質問がある方は、僕のTwitterをフォローしていただいて、リプライかDM、質問箱で聞いていただければお答えできますので、どしどし質問してみてください!

↓僕のTwitter

twitter.com

Amazonギフト券の購入チャージのすすめ

Amazonでちょっとでもお得に買い物するなら、Amazonギフト券の購入チャージをおすすめします。

使う分だけチャージして、ポイントをお得に貯めるのがおすすめです!

現金でチャージするたび、チャージ額 x 最大2.5%のポイントがもらえます。

現金チャージポイントキャンペーン

今なら初回チャージで1000ポイント貰えます。

5000円分チャージすれば、初回限定分1000p+ポイント還元50p分で

合計1050ポイント貰えます。

正直とてもお得です。是非試してみてください。

Amazon.co.jp: Amazonチャージ 初回購入限定キャンペーン: ギフト券

【レビュー】内でも外でもこれ一台「UNI USB-C ハブ 6ポート」MacBookAir使用レビュー。

f:id:incompleteeightbeats:20210301142059j:plain

 携帯ハブにも、ドッキングステーションにも。

 

 

 

皆さんこんにちは。iOtaku管理人のRyota(@iOtaku_R|Twitter)です。

今回は、MacBookに接続して使用するハブである「UNI 6PORT HUB」のレビューです。

筆者は新年度からノートPCをMacBookに変え、デスクトップ周りをMacBook用にアップデートしています。

そこで「家での使用を見据えたドッキングステーション」と

「持ち運びにも対応できるコンパクトなハブ」を両立できる製品を探していました。

そんないいとこ取りな製品を購入できましたので、実際に使用レビューです。

UNI USBC HUB 6PORT

f:id:incompleteeightbeats:20210301132814j:plain
 ・これは何?

 USB-Cハブ

・価格

 4399円(Amazon.co.jp・2021/03/01時点)

・ここすき

 とてもコンパクト・質感の良さ

・うーん

 USBCポートがしっかり奥まで刺さらないのは気になる

 (使用に問題はない)

・総評 ⭐⭐⭐⭐🌟

 星5・かなりオススメ

開封の儀

f:id:incompleteeightbeats:20210301132313j:plain

シンプルなパッケージ

比較的小さめの箱で届きました。

f:id:incompleteeightbeats:20210301132330j:plain

内容物は至ってシンプル。本体と接続用のUSB-Cケーブル、取説類です。

外見レビュー

f:id:incompleteeightbeats:20210301132344j:plain

小さい

色はMacBookでいうとスペースグレイといった感じ。シックで好印象です。

周りを囲っているのはゴムカバー。万一落としても安心です。

若干ハブが浮くので、放熱効果も期待できます。

f:id:incompleteeightbeats:20210301132358j:plain

前面ポート

前面にはSD用のポートが二つ。そして右にはUSB3.0のポート。

f:id:incompleteeightbeats:20210301132412j:plain

背面ポート

背面には左からHDMIポート、USB3.0ポート、USB-C PDポート(電源供給用)があります。

日常的にあまり抜き差ししない種類のポートが備わっていますね。

f:id:incompleteeightbeats:20210301132426j:plain

側面

側面にはUSB-Cポートが1つ。これはMacBook等PC本体と接続する用です。

ゴムカバーを外した状態

f:id:incompleteeightbeats:20210301132440j:plain

柔らかい素材なので簡単に着脱可能

本体保護用のゴムカバーは簡単につけ外しが可能です。

f:id:incompleteeightbeats:20210301132455j:plain

サイズ感

大きさは公称8.26*4.45*1.59センチメートルです。

これはゴムカバーをつけた状態の数値なので、本体だけでは一回り小さくなります。

重さは大体60gと非常に軽量。アルミニウム筐体の恩恵ですね。

f:id:incompleteeightbeats:20210301132509j:plain

カバーを外すとこんな感じになる。

質感も上々で、安っぽさは全くありません。

USB-Cケーブル

f:id:incompleteeightbeats:20210301132523j:plain

見た目の割に結構柔らかい

付属するUSB-Cケーブルです。

長さは大体15センチほど、ナイロンケーブルである点は素晴らしいです。

このケーブルだけでもそこそこのお値段がするはず。

Macに繋げてみる

f:id:incompleteeightbeats:20210301132814j:plain

セットで使用するとこんな感じ。

ちなみに写っているのはMacBook Airで、色はスペースグレイです。

f:id:incompleteeightbeats:20210301132800j:plain

色味が似ているので嬉しい。

MacBookの周辺機器を使う上での相棒を選ぶ

f:id:incompleteeightbeats:20210301143736j:plain

使用感レビューの前に、今回の製品を選んだ理由をば。

 

2ポートしかないMacBookで様々な周辺機器を利用しようと、現在各サードパーティメーカーから様々なハブやドッキングステーションが販売されています。

そんな中で、主流になっている2つの形態のハブが現在販売されています。

携帯性を重視したマルチハブ

↓こういうの

もしくは

家のデスクで腰を据えて使用する

ドッキングステーション

↓こういうの

 主にこの二つが販売されています。

ですが、前者のマルチハブは「せっかくUSB-Cケーブル1本で使えるのに、ハブ本体がケーブルと一体になっているのでモニター類を繋ぐと机の上がごちゃつく」デメリットがあります。

またケーブル一体型は、「断線すると本体ごとおじゃん」というリスクも。

また後者のドッキングステーションは、机の下に配置できるので見た目はスッキリしますが、「お値段がくそ高い上にでかい」デメリットが。

内でも外でも使用できるハブが欲しい

こんなことを思いながらアマゾンを彷徨っていました。

求めるポイントとしては以下の4点

  • ケーブルが着脱可能
  • ある程度信頼できるメーカー
  • 見た目がいい
  • コスパが良い(安い

これらの点が抑えられている製品を探した結果、UNIの製品に辿り着きました。

実際の使用感 

f:id:incompleteeightbeats:20210304154007j:plain

結論から述べると、動作も安定しており、快適に使用できています。 

家のデスクで使用するにあたって、筆者が繋ごうと考えているのは以下のとおり

上4つを常時接続する環境で運用します。

電源供給用のUSB-Cポートについて

MacBook Airには純正の30W充電器が付属しますが、今回購入したハブは、動作を安定させるために45W以上の電源を必要としています。

MacBook Airをフルスピードで充電する為にも必要)

今回はAnkerさんの新製品である「Anker PowerPort III 45W Pod」を同時購入。

コスパが非常に高い上に、純正30W充電器よりも一回り小さいサイズです。

f:id:incompleteeightbeats:20210301132648j:plain

また、MacBookに付属するUSB-Cケーブルは、映像出力に対応していないので(Thunderbolt3ケーブルでない)、別途対応ケーブルも購入しました。

数日運用してみましたが、極端な発熱もなく、動作は安定している様子。

ストレスなく快適に使用できました。

SDポートの転送速度

BlackMagicDesignのDiscSpeedoTestにて計測しました。

f:id:incompleteeightbeats:20210301133345p:plain

結果は上々。常用範囲のスペックです

結果は上々、UHS-Ⅰではこれぐらいの速度が出れば十分です。

まとめ 

f:id:incompleteeightbeats:20210301132814j:plain

 内でも外でも使用できて、見た目もよく、コスパも良い。

良い製品に出会えました。デスクの上もスッキリとさせることができて満足です。

また、製品展開としてLANポートも備えた8ポート版もありますので、そちらも検討されても良いかもしれません。

もし不安なことがあったり、「こんな作業がしたいならどっち?」「何処で買えばいいの」といった質問がある方は、僕のTwitterをフォローしていただいて、リプライかDM、質問箱で聞いていただければお答えできますので、どしどし質問してみてください!

↓僕のTwitter

twitter.com

Amazonギフト券の購入チャージのすすめ

Amazonでちょっとでもお得に買い物するなら、Amazonギフト券の購入チャージをおすすめします。

使う分だけチャージして、ポイントをお得に貯めるのがおすすめです!

現金でチャージするたび、チャージ額 x 最大2.5%のポイントがもらえます。

現金チャージポイントキャンペーン

今なら初回チャージで1000ポイント貰えます。

5000円分チャージすれば、初回限定分1000p+ポイント還元50p分で

合計1050ポイント貰えます。

正直クッソお得です。是非試してみてください。

Amazon.co.jp: Amazonチャージ 初回購入限定キャンペーン: ギフト券

【レビュー】超低コストで叶えるメッシュWi-Fi「RE230&Archer C6」でOneMesh™導入レビュー。【PR】

f:id:incompleteeightbeats:20210208151452j:image

「届かない」をなくす、一番簡単なやり方です。

 

 

 

皆さんこんにちは。iOtaku管理人のRyota(@iOtaku_R|Twitter)です。

今回は、TP-Linkさんの独自のメッシュシステムである「OneMesh™」というものを試すべく、中継機である「RE230」と親機である「Archer C6」を組み合わせてメッシュWi-Fi環境を試していきます。

メッシュWi-Fiとは簡単に説明すると「通常の倍くらい電波が届くWi-Fi技術」です。近年新しくWi-Fi界隈を騒がせている新しい技術ですが、どうしてもお値段が張るのがデメリット。

ですがこのRE230とArcher C6は非常にリーズナブル。2つ合わせて購入しても5000円台ととてもお手頃。

メッシュWi-Fiを導入しようと思うと大抵1万円を超えてくるので、敷居が高いメッシュWi-Fiを気軽に試せるとてもよい選択肢でしょう。

では実際の使用感を含めて、実践レビューです。

TP-Link RE230&Archer C6

f:id:incompleteeightbeats:20210205224400j:plain
 ・これは何?

 Wi-Fiルーターと中継機

・価格

 Archer C6 ・ 2,590円(Amazon.co.jp・2021/02/07時点)

 RE230・・・2,700円( Amazon.co.jp ・2021/02/07時点)

・ここすき

 お手軽にメッシュWi-Fiを試せる価格設定

 初期設定がとてもかんたん

・うーん

 Wi-Fi規格が最新規格ではない(実用十分)

・総評 ⭐⭐⭐⭐🌟

 星5・かなりオススメ

本記事は、株式会社ティーピーリンクジャパン様から商品提供を受けて執筆しています。

www.tp-link.com

OneMesh™とは

f:id:incompleteeightbeats:20210207230720p:plain

「お家の中でWi-Fiの電波が弱い場所がある」という方、いらっしゃると思います。

特にWi-Fiルーターの位置を動かせない場合などは、なかなか改善が厳しい時も。

そこで、複数の機器を使用して難しい設定なしに「電波をリレー」しよう、というコンセプトが、この「OneMesh™」になります。

今回レビューするWi-Fiルーターと中継機のセットは、このOneMesh™に対応しているので、手軽に電波の届く範囲を広げることが出来ます。

外観レビュー

Archer C6の外観

f:id:incompleteeightbeats:20210205224246j:plain

ではまず、親機のWi-FiルーターであるArcher C6から見ていきます。

f:id:incompleteeightbeats:20210205224311j:plain

無線の性能は11acで理論値最大867(5GHz)+300Mbps(2.4GHz)といったところ。

必要十分といったところです。

f:id:incompleteeightbeats:20210205224228j:plain

付属品はこんな感じ。

f:id:incompleteeightbeats:20210205224213j:plain

包装をとってアンテナを広げてみました。

大きなアンテナが4つ、これなら電波がよく届きそうです。

余談ですが、アンテナから電波は垂直に波紋のように広がります。電波をより強く届けたい方面を意識して設置していきましょう。

f:id:incompleteeightbeats:20210205224140j:plain

この製品、非常にお手頃な値段設定の親機ですが

Qualcomm製CPUを搭載(Wi-Fiルーターそのものの動作が安定する)

ビームフォーミング機能(電波が弱くなりにくい)

MU-MIMO機能(同時通信に強い)

フルギガビットポート搭載(有線接続でも十分速い)

と、Wi-Fiルーターを選ぶ上でほしい機能が全部のせされています。

これはコスパ最強と呼び声高い所以ですね。

f:id:incompleteeightbeats:20210205224123j:plain

前面には動作状況を表すアイコン類。

f:id:incompleteeightbeats:20210205224107j:plain

背面には電源まわりとリセットボタン、WPSスイッチにポートが並んでいます。

RE230の外観

続いて、中継機であるRE230の外観を見ていきます。

f:id:incompleteeightbeats:20210205224258j:plain

形態はコンセントに直差しするタイプです。

場所を取らず、圧迫感も少なくGOOD。

f:id:incompleteeightbeats:20210205224030j:plain

白を基調としたシンプルなデザインです。

メカメカしさが少ないのは好印象。

f:id:incompleteeightbeats:20210205223955j:plain

側面には熱を放散させる通気孔と、有線接続用のLANポートが一つ。

これは中継機が受けたWi-Fiの電波を直接機器と接続して使用する用。

後述しますが、PS4にて試してみます。

f:id:incompleteeightbeats:20210205224012j:plain

表示もシンプル。

オレンジに光るようになっています。

アプリのサポートが光るかんたん初期設定

新しいネットワーク機器を導入する上で大変なのが初期設定です。

とくにインターネット関係は、普通に生活していたらまず聞かない専門用語がわんさかでてくるので、むずかしく思われる方も多いと思います。

ですが、このRE230&Archer C6コンビはスマホアプリ「Tether」での操作に対応しているので、画面の指示にしたがって設定を進めることで、簡単に操作が可能です。

実際に設定してみた感想

今回はアプリを使って設定してみました。

専門的な知識が絡むところは、すべて自動で設定してくれましたし、本当に15秒ほどでの接続が完了して驚いています。

f:id:incompleteeightbeats:20210206165458j:plain

「15秒で設定できる」という触れ込みは本物

また、アプリの動作も非常に安定しており、完成度の高さとユーザービリティーにとても気を使われているのだなと感じました。

中継機との接続もとてもスマート

f:id:incompleteeightbeats:20210206165515j:plain

画面は手順の一部を抜粋したもの

また、中継機と親機をリンクさせる際もアプリが自動で検索、追加をしてくれます。ユーザーがする作業は最小限でとてもわかりやすく、かつスピーディーに設定してくれました。

実測レビュー

f:id:incompleteeightbeats:20210206162918j:plain

2階の廊下に設置


ではここからは、実際にメッシュWi-Fiを導入してネットワーク環境がどのように変化したかをレビューしていきます。

親機は1階左端に、中継機は2階中央に設置しました。

端的にまとめると、場所にとらわれず非常に安定した環境になり、とても快適になりました。

iPhoneでの使用感

使用した回線速度計測サイトはFast.comです。

fast.com

【自室(2階)での計測結果】

下り速度(ダウンロード) 83Mbps

上り速度(アップロード)    69Mbps

(5回計測し、平均値を算出しています)

 筆者の環境は光回線の1Gbps(PPPoE接続)プランです。

メッシュWi-Fiとしてはまずまずの結果。この速度があれば日常生活になんら問題ありません。

【トイレ(2階)での計測結果】

下り速度(ダウンロード) 81Mbps

上り速度(アップロード)    65Mbps

(5回計測し、平均値を算出しています)

 Wi-Fiルーターから一番離れている2階トイレでの計測です。

通常Wi-Fiルーター1台だけの場合、どうしても距離があると電波が弱くなってしまいますが、メッシュWi-Fiは電波の有効範囲がとても広いため、速度・電波強度の低下が最小限で済みました。

家のどこにいてもアンテナが3本立っている安心感は良いですね。

PS4での使用感

私が使用しているPS4は初期型で、Wi-Fiの規格が古く、無線使用ではFPSゲームが厳しい回線速度でした。

有線LANでルーターに接続するのが一番いいのですが、自室からは場所的な問題で厳しい状況。

ですがRE230(中継機)には有線LANポートが搭載されているので、インターネット回線が引かれている場所から離れた部屋でも有線接続が可能になります。

では、実際にゲーム機をメッシュWi-Fi環境に有線接続するとどの程度安定するかをテストしていきます。

親機だけでの使用

下り速度(ダウンロード) 18.7Mbps

上り速度(アップロード)   4.5Mbps

f:id:incompleteeightbeats:20210210172418j:plain

PS4側のWi-Fi規格が古いので、回線速度が遅くなってしまう。

FPSゲームを快適にプレイするにあたって、必要とされる回線速度は60Mbps以上とされています。無線接続ではいささか厳しい回線速度に。

メッシュWi-Fi+中継機に有線接続

下り速度(ダウンロード) 88.0Mbps

上り速度(アップロード)    76.0Mbps

f:id:incompleteeightbeats:20210210172422j:plain
RE230に有線接続した場合、回線速度が60Mbpsを上回る結果に。

この数値であればFPSも快適にプレイできます。

ちなみに筆者はAPEXをダイヤ帯の下の方でプレイするカジュアル勢ですが、ランクマッチをプレイしても回線環境にプレイが左右されることもなく快適にプレイできました。

 まとめ

f:id:incompleteeightbeats:20210205224343j:plain

 今回、初めてメッシュWi-Fiを導入してみました。

設定はとても簡単で、アプリでサクサクとこなすことができましたし、

家中どこでも電波強度が変わらないというのは、とても安心感がありました。

また、「有線LANポートがない部屋でも気軽に有線接続できる」というのはとても便利で、筆者は特にPS4にてその恩恵を授かることができてとても快適です。

近年トレンドである「メッシュWi-Fi」を、お手頃な価格で導入できるこのセット。

Wi-Fiの届かないお部屋がある方は、ぜひ導入を検討してみてはどうでしょうか?

Amazonギフト券の購入チャージのすすめ

Amazonでちょっとでもお得に買い物するなら、Amazonギフト券の購入チャージをおすすめします。

使う分だけチャージして、ポイントをお得に貯めるのがおすすめです!

現金でチャージするたび、チャージ額 x 最大2.5%のポイントがもらえます。

現金チャージポイントキャンペーン

今なら初回チャージで1000ポイント貰えます。

5000円分チャージすれば、初回限定分1000p+ポイント還元50p分で

合計1050ポイント貰えます。

正直とてもお得です。是非試してみてください。

Amazon.co.jp: Amazonチャージ 初回購入限定キャンペーン: ギフト券

【レビュー】最高峰のコスパ「SOUNDPEATS TrueAir2+」レビュー。Airpodsと徹底比較。

f:id:incompleteeightbeats:20210131153154j:plain

イージーリスニングの入門機として最適かつ最高の選択肢

 

皆さんこんにちは。iOtaku管理人のRyota(@iOtaku_R|Twitter)です。

今回は、インナーイヤータイプの完全ワイヤレスイヤホン「SOUNDPEATS TrueAir2+」のレビューです。

筆者自身インナーイヤーのイヤホンを愛用しているのですが、いかんせんAirPods以外の選択肢が皆無であった今日このごろ。

ついに欲しかった機能がちゃんと搭載された、かつハイコスパな製品が出来ました。

費用対効果でつい笑顔になってしまう、丁度いい出来です。

SOUNDPEATS TrueAir2+

f:id:incompleteeightbeats:20210131153320j:plain
 ・これは何?

 完全ワイヤレスイヤホン

・価格

 4222円(Amazon.co.jp・2021/01/31時点)

・ここすき

 なにより装着感が楽・AirPodsの6分の1の価格(!)

・うーん

 値段を鑑みれば上等だが、いささか中高音域のチューニングが甘い

・総評 ⭐⭐⭐⭐🌟

 星5・かなりオススメ

【iOtakuによるイヤホン評価】

音質・・・・星4 ⭐⭐⭐⭐☆

装着感・・・星4 ⭐⭐⭐⭐☆

デザイン・・星3 ⭐⭐⭐☆☆

コスパ・・・星5 ⭐⭐⭐⭐🌟

携帯性・・・星5 ⭐⭐⭐⭐🌟

【スペック評価】

☑︎aptX(超低遅延)・ □防水・☑USBtype-C

☑︎Qualcommチップ搭載・□マルチポイント接続

ノイズキャンセリング・☑︎qi充電・□純正アプリ

開封の儀

f:id:incompleteeightbeats:20210131152933j:plain

かなり小さめの箱で届きました。

f:id:incompleteeightbeats:20210131152951j:plain

あけます。

値段の割にかなり凝った仕様。スポンジで丁寧に梱包されていました。

f:id:incompleteeightbeats:20210131153104j:plain

全体を覆うフィルムと、金属端子を絶縁するシートを取り除くと電源が入る仕様。

内容物

f:id:incompleteeightbeats:20210131153446j:plain

取説類に本体、充電用のUSBtypeC端子と、シンプルな構成です。

見た目・質感

f:id:incompleteeightbeats:20210131153228j:plain

よく「AirPods型」のインナーイヤータイプイヤホンは、謎の突起があったり、妙に太かったりと、デザインで見劣りすることが多かったのですが、かなり洗練されています。僕自身見た目が変なものはあまり持ちたくない主義なので、このあたりはポイント高いです。

ただ、堂々たる企業ロゴに対しては、ミニマルな感じではないため人を選びますね。

充電端子や着脱センサーです。LEDも内側に設置されているのは着用時にチカチカ光っているのが気になりにくくて良いですね。

f:id:incompleteeightbeats:20210131153245j:plain

内側も至って普通。気になる点も特になし。

タッチセンサー

f:id:incompleteeightbeats:20210131153228j:plain

「S」のロゴの部分がタッチセンサーになります。

感度も非常に良好。無反応でイライラすることもなさそうです。

マイク

f:id:incompleteeightbeats:20210131153303j:plain

4-micを搭載しており、周りのノイズをカットし、クリアな通話環境が実現できます。

cVcノイズキャンセリンクに加え、通話の際に風切り音や環境音を低減させる、通話音質を向上させることができ、Web会議などにも役立ちます。(Amazon説明より)

使用感は後ほど。

ケース

f:id:incompleteeightbeats:20210131153414j:plain

マット加工が施されたプラスチック製です。

コスパと質感のバランスをとった感じの質素なケースですね。

非常に薄く、ポケットに雑に入れても気にならないレベルです。これは嬉しい。

また、筆者が今回購入したのはワイヤレス充電に対応したモデルなので、AirPodsよろしくqi充電が可能。

これはすごくうれしい。4000円台とは思えない充実ぶりです。

f:id:incompleteeightbeats:20210131153356j:plain

充電端子はみんな大好きUSB-Cです。

全体的な使用感

f:id:incompleteeightbeats:20210131153116j:plain

装着感

良好です。

頭を左右に振ってもあまりズレないくらいにはフィットしています。

ペアリングは爆速

滅茶苦茶早かったです。

普通、設定画面の「その他のデバイス」の欄に検索結果が表示されるのを待ってからペアリングを行いますが、一瞬で現れました。

正直Airpodsがペアリング速度最強だと思っていたのですが、それよりも早く度肝を抜かれましたね。

また、ペアリング設定後の電源を入れてからの接続も一瞬でした。すばらしい。

音質

f:id:incompleteeightbeats:20210131153320j:plain
iPhoneXsにて試聴。音源はAppleDigitalMaster音源です。

値段を考えながらヒアリングすると、非常に良い音です。

f:id:incompleteeightbeats:20210131162426j:plain

SOUNDPEATS TrueAir2(+はqi充電対応か否かの差)は、なんとVGPアワードコスパ大賞」と「Bluetooth完全ワイヤレスイヤホン(5千円未満)」で「金賞」をダブル受賞しているんですね。
購入前から音にも期待していましたが、期待通り十分な性能でした。 

【iOtakuによる音質評価】

高音域・・・星4 ⭐⭐⭐⭐☆

中音域・・・星3 ⭐⭐⭐☆☆

低音域・・・星5 ⭐⭐⭐⭐🌟

空間表現・・星3 ⭐⭐⭐☆☆

迫力・・・・星5 ⭐⭐⭐⭐🌟

味付け・・・星2 ⭐⭐☆☆☆

僕はベースとピアノの奏者なので、それらの楽器に注目してヒアリングを行いました。

ファーストインプレッションとしては、非常に元気なサウンド音場は狭め、音圧は期待以上、傾向はややドンシャリで聞きやすく、3kHzあたりに若干のピークがある、といった具合です。

  • 14.2mmの大型ドライバーの迫力
  • やや曖昧な脳内定位感
  • 高解像度な現代音楽を正確に鳴らし切るポテンシャル
  • ベースの輪郭まで担保した正確で迫力ある重低音
  • サ行(3kHz前後)が若干刺さる

かなり音質、良いです。

では実際に曲を聞いてレビューを

RockSound

www.youtube.com

最近話題のヨルシカです。

コンポーザーであるn-buna氏とスタジオの技術で生まれる「音圧を担保しつつダイナミックレンジをできるだけ殺さない、空間を広く使う立体感のあるマスタリング」がよく表現できています。

音圧戦争が一定の収束を見せている中、再生機器や配信環境のスペックの向上によりより高品質な楽曲が増えています。そんな作り手のこだわりをしっかり表現できるスペックは心強いです。

DARKGLASSのベースの歪みから、ボーカルのウィスパーボイスの高いところまで正確に、質感を持ちながらちゃんと鳴らしてくれます。

特にこの曲は、ボーカルに常にうっすらとリバーブがかかっているのですが、その減衰までリニアに感じられます。いい音です。

JazzSound

www.youtube.com

珍しい5/4拍子で有名なジャズナンバー、TAKEFIVEです。

想像していた以上にベースが深く沈み込むように鳴り、金管がちゃんと高いところまで歪まずに伸びてきます。

やはりドライバーが大きい分、表現能力にも大きなアドバンテージとなっているようでローエンドからハイエンドまできっちり音として鳴らす事ができるのは素晴らしいと思います。

そもそもこのイヤホンは「インナーイヤー」で「ワイヤレス」で「4000円」です。正直それ相応の音であると思っていましたが、これは予想外でした。

ClassicSound


My Wild Irish Rose ~The Melody at Night, with You~

Keith Jarrettの名盤「The Melody At Night, With You」です。

ピアノの音の質感は勿論、僕はいつも音のきめ細かさの表現を見極める際、ピアノのダンパーノイズ(ペダルを踏んだ際、鍵盤を離した時にダンパーなどの機構が元の位置に戻る音)に注目して聞いているのですが、ダンパーノイズの小さい音もしっかり音にできていてとても満足です。

味付けが非常に少なく、ナチュラルな音色なので古い音源はいささかノイジーになってしまいますね。最近の収録曲が向いているサウンドです。

EDMSound

www.youtube.com

みんな大好きNCS、Alan Walkerです。

バイオセルロースドライバーを使っていると言うだけあり、音の立ち上がりや躍動感は非常にリニアです。特にこの曲の核となるメロディの躍動感はなかなか味わえないものがあります。

また低音も非常によく出ています。長時間大音量で聞いていると酔うレベルです。

 

AirPodsとの比較

f:id:incompleteeightbeats:20210131153502j:plain

今回僕は「AirPodsのサブ機」として、安いけどちゃんと使えるインナーイヤー型TWSイヤホンを探していました。そこで、本家AirPods(第二世代)との比較を行い、「どれぐらい使えるか」について比較レビューを行っていきたいと思います。

値段差が6倍近くありますが、健闘しています(なぜ,,,?)

音質・・AirPodsの勝利

ここは流石に値段差が出ました。

TrueAir2+と比較して、空間表現と抜けのいいサウンドで差がついています。

また、TrueAir2+がかなり元気のいい、裏を返せば聞き疲れるサウンドチューニングなのに対して、AirPodsは聞き疲れのないナチュラルで心地良いサウンドです。

低音域から高音域までなめらなか周波数特性とも表現できます。

このあたりは好みの世界ではありますが、僕はAirPodsのほうが好感触でした。

ペアリング速度・・互角

これはすごいです。

確かに利便さをとるとAirPodsに軍杯が上がりますが、それでもTrueAir2+は爆速です。

マイク音質・・・・互角

私は今回、主に通話メインでの使用を考えて購入をしているので、ここはとても大事なポイントでした。

マイクレベル的には互角、ノイズキャンセル(扇風機の風の音などに対して)などは、TrueAir2+に若干の利があるように感じました。

この点に関しては「かなり使える」感じです。大健闘。

AirPodsとの比較まとめ

音質、質感等で劣るものの、マイク音質や使用感では大健闘

この性能で値段が6分の1であれば、かなり良い選択肢に思えます。

まとめ

f:id:incompleteeightbeats:20210131153303j:plain

Good

  • マイク音質がいい
  • 音質かなりいい
  • 信じられないくらいコスパが良い

Bad

 総合的に見ても、値段の割にかなり良いワイヤレスイヤホンです。

繰り返しますが、4000円台です。最強です。

これといった致命的な欠点がないのは、高い完成度の裏返しとも言えるでしょう。

AirPodsのサブ機」としてや「通話メインでの使用」で考えている人にはとてもおすすめです。

是非参考にしてみてください。

 

もし不安なことがあったり、「こんな作業がしたいならどっち?」「何処で買えばいいの」といった質問がある方は、僕のTwitterをフォローしていただいて、リプライかDM、質問箱で聞いていただければお答えできますので、どしどし質問してみてください!

↓僕のTwitter

twitter.com

Amazonギフト券の購入チャージのすすめ

Amazonでちょっとでもお得に買い物するなら、Amazonギフト券の購入チャージをおすすめします。

使う分だけチャージして、ポイントをお得に貯めるのがおすすめです!

現金でチャージするたび、チャージ額 x 最大2.5%のポイントがもらえます。

現金チャージポイントキャンペーン

今なら初回チャージで1000ポイント貰えます。

5000円分チャージすれば、初回限定分1000p+ポイント還元50p分で

合計1050ポイント貰えます。

正直クッソお得です。是非試してみてください。

Amazon.co.jp: Amazonチャージ 初回購入限定キャンペーン: ギフト券

 

👇こちらの記事もオススメ!

iotaku.hateblo.jp

【レビュー】Mac/iPad用キーボードの真打「Nutype f1」レビュー。モバイルのメカニカルキーボードを試す。【JIS配列・茶軸】

f:id:incompleteeightbeats:20210115160810j:plain
世界一身軽なメカニカルです。

 

 

皆さんこんにちは。

iOtaku管理人のRyota(@iOtaku_R|Twitter)です。

先日、iPad Air4購入し、外出先の作業環境も少しずつiPadに移行しようと企んでいます。

そこでずっと悩んでいた「最高のiPad用キーボード」問題、ついにこの形に落ち着きそうなのでご紹介しようと思います。

打ち心地、最高です。

Nutype f1

f:id:incompleteeightbeats:20210115143425j:plain
 ・これは何?

 モバイルキーボード(メカニカル)

・価格

  Sale price $95.95 USD(Nutype・2021/1/4時点)

・ここすき

 細部まで練られた設計

 圧倒的なコスパ

・うーん

 キーボード充電端子がMicroUSB

・総評 ⭐️⭐️⭐️⭐️☆

 星4・かなりオススメ

開封の儀

f:id:incompleteeightbeats:20210113143716j:plain

今回入手したのは初回限定版のパッケージ仕様のもの。

黒ベースにオレンジ色のハイライトがいいですね。

外観レビュー

では、実際に外観のレビューです。

本体

f:id:incompleteeightbeats:20210104154206j:plain

いわゆる60%キーボードです。

Fnキーが排された実用レベルでは最小のキーボードと言えます。

隅々まで余分なフレーム無く、ぎゅっと詰まっている感じが非常にグッド。

f:id:incompleteeightbeats:20210104154147j:plain

裏面です。

裏は鮮やかなオレンジ色のラバー素材です。

凹凸は後述しますが、ノートPCのキーボード上でも滑らないようにするための滑り止めです。

f:id:incompleteeightbeats:20210113143723j:plain

鏡面仕上げのロゴ印字

ここすき。

NuPhyは企業名で、右隣の筆記体はこのキーボードのデザインを手がけた「studioREO」という会社のロゴです。

筆記体の企業ロゴってどうしてこんなに映えるんでしょうね。大好きです。

f:id:incompleteeightbeats:20210113143720j:plain

オレンジ色のラバー部分は横から見るとチラ見えします。

無骨なブラックの本体とのコントラストが最高におしゃれ。

f:id:incompleteeightbeats:20210104154053j:plain

反対側です

側面はアルミニウム素材で覆われています。

サラサラとした仕上げで、質感と剛性を両立しています。

たわみも全くなしです。両手で持って捻っても微動だにしませんでした。

f:id:incompleteeightbeats:20210104154109j:plain

LED部

このキーボードは3つの機械と接続が可能で、それぞれ「FN+Q」「Fn+W」「Fn+E」で切り替え可能です。

ちなみに有線で接続して使用している状態だと、一番右のLEDが赤く光ります。

キースイッチ

f:id:incompleteeightbeats:20210113162034j:plain

キースイッチには、Kailh Low Profile Switchesが使用されています。

カニカルの打感を保ちつつ、非常に薄く設計されているキースイッチです。

今回は茶軸を選択しました。

打感もそこそこ、音もそこそこな良いとこどりキーです。

操作部

f:id:incompleteeightbeats:20210104154128j:plain

オレンジのつまみが動作切り替えスイッチ

側面には動作切り替えスイッチとUSB-C端子があります。

充電端子がUSB-Cなのは嬉しいポイント。

このスイッチは3段階に切り替えが可能で、

手前からBluetooth接続モード」「電源オフ」「有線接続モード」になります。

有線使用か無線使用かを物理キーで制御できるのは、地味に嬉しいポイント。

保護ケース

このキーボードは、モバイルでの使用を前提に設計されているので、キャリーケースが標準で付属しています。

その付属品ですが、「このまま製品化して売っても良いレベル」で、クオリティが非常に高いです。

f:id:incompleteeightbeats:20210104154034j:plain

本体がピッタリ入る。

キーボード本体がぐるっと入るタイプです。

f:id:incompleteeightbeats:20210104154016j:plain

ロゴが布で縫い付けられている

ただの保護ケースだけでなく、こうしたデザインに妥協がない感じが最高。

f:id:incompleteeightbeats:20210104153945j:plain

全て伸ばした状態

完全に伸ばすとこんな感じです。内側はマイクロファイバー地になっています。

キーボードが乗る面にはそこそこ強いマグネットがついているので、「パコっ」と良い音がなってキーボードがピッタリ引っ付きます。

おかげで全くずれません。

f:id:incompleteeightbeats:20210104153913j:plain

そしてこのキーボードケース、ただケースとしてだけでなく、こうしてスタンドにもなります。

サイズはちょうどiPad(11inch)とiPhoneXsが並んで乗るくらいです。

f:id:incompleteeightbeats:20210104153839j:plain

ピッタリ

ケース自体の剛性もしっかりあるので、タッチ操作も全くぶれず、安定しています。

使用感

f:id:incompleteeightbeats:20210115143407j:plain

では、ここからは実際に使用してみて感じた使用感です。

光る機能はあんまり使わない

ゲーミングキーボードばりにピカピカ光るこの子ですが、僕自身はこの機能を切って使用しています()

光物が好きな方にとっては嬉しい機能でしょうが、正直光ることのメリットに「かっこいい」以上のメリットがないように感じます。

(もちろん「かっこいい」に理由はいらないのは承知の上)

打ち心地は最高

僕は今、Apple Magic Keyboard2をメインの環境のキーボードとして使用しています。

巷には「高級キーボード」というものもありますが、様々なキーボードを試用した結果、僕自身がどうしてもあのキーストロークの深さに疲労感を感じてしまっていて、メカニカルキーボード自体を倦厭していました。

f:id:incompleteeightbeats:20201219224020j:plain

Magic Keyboardすこ

少ない力でタイピングを続ける事ができるのが薄型キーボードの長所ですが、同時に指への跳ね返りも大きいので力加減には案外気を使います(もちろんもう慣れてはいる)

しかし、世の中の「モバイルキーボード」はあまりに「薄すぎる」ので、疲労感云々の前に「打ちにくい」という問題がつきまとていました。

メール文のような数百字で済む軽作業や、キーボードをメインで使用しない作業であればそれでも十分ですが、やはり数千〜数万字をコンスタントに打ち続ける、レポート執筆やブログ編集といったライティングの作業となると、薄すぎるモバイルキーボードは到底実用レベルにありませんでした。

もちろんMagic KeyboardはiPadでも使用可能ですが、あまり外に連れ回して壊したくないし、そもそもモバイル使用を前提に設計されていません。

 

iPadで執筆作業がしたい。でもモバイルキーボードは打ち心地が悪い。

外にも持って行く前提で、操作感も良くて、デザインもかっこいいキーボード。

 

そんな人間のわがままを叶えてくれたのが、このNutype f1でした。

「タイピング」が楽しい

f:id:incompleteeightbeats:20210104154256j:plain

高い剛性、快適なキータッチ。Apple向けの配列。

今回初めてサブ機/モバイル機として茶軸のメカニカルキーボードを購入し、キーストロークの深さにおっかなびっくりしながらパチパチ叩いていましたが、これすごく良い。

深いキーストロークの、底に当たらない感覚が苦手だった僕でも心地よく使えます。

カニカル特有の「スコスコ」感を十分に感じられ、かつ若干の「底打ち」感もあるので力加減がわかりやすく、すぐ馴染めました。

指にかかる跳ね返りの負担もないので、「無意味にタイピングしたくなる」そんな打ち心地です。

買って3日くらいは寿司打などでずっとパチパチ打っていました。

Mac/iPad向けの、専用設計でしか叶わない快適さ

f:id:incompleteeightbeats:20210113160340j:plain

実際、確かに同サイズでメカニカルのモバイルキーボード自体はちらほらありました。しかし、フレームが妙に分厚い、そもそもWindows用配列モバイル使用はおまけ程度よく分からない中華製、数万円台とめちゃくちゃ高い、などなど、決定打となるような製品がないのが実情でした。

そんな中で僕が出会ったのが、クラウドファンディングから生まれたこのキーボードでした。

MacBookのキーボードってクソ!!」というかなり強いメッセージと共に生み出されたこのキーボードは、現役のプログラマー集団がノートPCの上にお気に入りのキーボードを置いて使用する「尊師スタイル」を、MacBookでも快適に行えるように開発されたプロダクトです。

f:id:incompleteeightbeats:20210115181239g:plain

背面の独特な滑り止めが、Macのキーボードにフィットするように設計されていて、キーボードの上に直接載せてもMacのキーを圧迫しないように作られています。

f:id:incompleteeightbeats:20210113160336j:plain

Touch Barが、隠れずちゃんと使用できる。

またMacBookでの使用を前提に開発されているだけあり、Touch Barがちゃんと隠れず使用できるサイズ感。

もちろんMac向けの「Cmd」「Opt」「英字・かな」キーの配列はそのままなので、キー配列由来の違和感もほぼなし。

これだけ考えられていて、「モバイル前提」のプロダクトは、他にはないのではないでしょうか。

まとめ

f:id:incompleteeightbeats:20210115143407j:plain

 「モバイル用」で「メカニカルキーボード」で「MaciPad用」であるキーボードとしては、ほぼ唯一の選択肢になりますが、クオリティも上々、所有欲を満たしてくれる良いキーボードでした。

カニカル好きの方にも、そしてメカニカルを使ったことがない方にも、非常におすすめです。